FC2ブログ


rainy happiness

ひよっこライター依戒 アキラ(えかい あきら)の日記帳。

  春の雪

 春の雪

「うぅ……ん」
 意識したのは肌寒さ。半ば無意識状態で私は毛布を握ってぎゅっと引き寄せる。
 あぁ。駄目だ。寒い。
 徐々にはっきりとしていく意識に、私は最後の抵抗を試みる。
「愛花、寒い」
 私のその言葉を受けて、愛花はふわりと私を抱きしめて温めてくれる。
 ――はずだった。
 しかし一向に感じない愛花の温もりに、私は一瞬で意識が覚醒して飛び起きる。
「愛花!?」
 隣にいるはずの愛花は、そこにはいなかった。
 いつもは私が起きるまで隣にいてくれるのに。
 私は心の中で文句を言いながら、ベッドから立ち上がる。
 リビングに入り、キッチンを覗いてみるが、愛花の姿は無い。トイレだろうか。私は倒れこむようにソファーに寝転ぶ。
「なんでこんな時に限って、いないのよ」
 自然と口を出た文句。ただでさえ寒い日。愛花が傍にいてくれないと、私にはことさら寒く感じる。身体も心も。
 可笑しなものだ。少し前までは平気だった一人の時間が。今ではたまらなく寂しい。愛花に依存しすぎている今は、とても心地よくて、とても怖い。
 しばらくまっても姿を見せない愛花に、徐々に不安が湧き上がってくる。
 私からは決して愛さない。それが愛花との契約だった。私が愛花を愛した時、愛花は私の前から居なくなってしまうのだ。
 と、そこまで考えてから、私は不安を追い払うために意識的に首を振る。こうすれば、きっと不安は振り落とせる。
「大丈夫」
 私は小さく口に出して、そっとソファーを立ち上がる。そしてその足で玄関へ向かう。
 玄関に愛花の靴は無かった。買い物、という訳ではないだろう。愛花と暮らし始めてから、愛花は一度だって一人で買い物に行ったことなど無かったから。
 何気なしに、私は外へ出ようと靴を履く。寝間着のままだったけれど、たいした気にならなかった。
 冷たくて重いドアを押して、外へと出る。鍵は掛けられてはいなかった。
 はらり。
 視界を遮った白い何か。一瞬送れてそれが雪だと分かった。
 もうすぐ四月になろうかというのに、雪。どうりで寒いわけだ。
 季節に不釣合いの雪は、けれども美しかった。
「おはようございます」
 その声に、私は見上げていた顔を下ろす。声を聴いた瞬間から分かっていた。
 能天気な笑顔で、愛花はそこにいるってことが。
「……寒かった」
 何を、私は言っているんだろう。これじゃあまるで我侭を言っている子供だ。
「んふふ。それじゃあ家に入りましょう。温めてあげます」
 小さく含み笑いで愛花。玄関の隅に屈んで何かを置いた。見てみると、それは手のひらサイズの小さな雪だるまだった。
「それを、作っていたの?」
 そうですよ。小さな声で、愛花はそう答えた。それはどこか悲しげな声だった。
「雪だるま」
 置いたばかりの雪だるまを見て、知ってます? と愛花は続ける。
「温かくされると、消えちゃうんですよ」
「……」
「あたしと、おんなじですね」
 泣きそうな声で私を見上げて笑う愛花は、あはは。と笑った。
 やっぱりあの能天気な笑みだった。
 思考をはじめようとする頭と、何かが湧き上がる心を。私は必死で誤魔化す。
 何も考えない。何も考えない。何も考えない。
 色々なものを全て強引に無視する。見えないように、気がつかないように箱を作って閉じ込める。
 けれどそんなことはやっぱり無理で。折角作った箱も徒となって消えてしまう。
 ふわり。
 唐突に、そんな感覚が私の全てを支配する。
 次いで愛花の匂いと、愛花に触れている感覚。
 そして。あの愛に満ちた空気。
「ごめんなさい」
 私を抱きしめて、愛花はそう言った。それはきっと私が愛花を愛してはいけない事への謝罪。
「別に……いいわよ」
 愛せなくたって、別にいい。愛花が私を愛してくれるなら。
「ねぇ。愛花」
 愛花を感じながら、私は言う。愛花は、なんですか? と私の胸辺りの位置にあった顔をあげる。
「私は、誰も愛さないから」
 きっちり二秒間。私を見つめた後。
「そうですね」
 能天気な笑顔で、愛花はそう答えた。
スポンサーサイト

 | HOME |  次のページ»

プロフィール


依戒 アキラ

Author:依戒 アキラ
作家を夢見るひよっこライター。
ほんの一瞬でも誰かが幸せを感じてくれる。そんな物語を書くのが夢。


最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


れいにーはぴねす



ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する